本文へスキップ

Trauma and Critical care Center, Kyorin University Hospital

杏林大学医学部救急医学教室

〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2

杏林大学病院高度救命救急センター






山口教授に総務省から大臣表彰授与

救急業務の推進に貢献し、社会公共の福祉の増進に顕著な功績が評価され
山口教授に「総務大臣表彰」が贈られました。今回の表彰は、山口教授が長年にわたり、日本の首都東京の災害を真摯に見続けた結果と考えられます。平成16年より発足した東京DMAT運営協議会会長を歴任し、平成233月には福島第一原発の消火活動に突入の際、現場の災害医療コーディネータとして指揮するなど第一線でも活躍をされ、「東京都の防災プラン」における東京都災害医療コーディネータとして、日本の救急災害医療の発展に寄与した功労に対するものです。平成2899日(救急の日)に際して行われた贈答式に高市早苗総務大臣より授与されました。 


更新履歴新着情報

HOSPITAL VIEW 2011年4月号で当教室が特集されました  →PDFへのリンク
2011年8月
東京消防庁から災害派遣について表彰を受けました
2011年8月
東京消防庁消防総監から感謝状を頂きました。
消防隊員の原発3号機への注水を陰で支えた山口教授に感謝状
2012年5月
第38回日本熱傷学会総会・学術集会を主催しました。
2012年6月
後藤准教授が都立広尾病院 救命救急センター長に就任しました。
2012年10月
TBSドラマ「レジデント」の医療監修を当教室で担当しました。
2013年7月
当科医師がパプアニューギニアで医療活動を行いました。 →リンク
2014年5月
山口芳裕教授が「日本安全保障・危機管理学会賞」を受賞 →リンク
2015年5月
山口教授 教授就任10周年記念パーティー・同門会を行いました
2016年4月
新入局員2名、帰局者4名を迎えました
山田賢治准教授が保健学部教授に就任されました              2016年度版スタッフ紹介を新体制に更新しました
2016年6月
第13回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会学術集会・総会 / 第7回日本高気圧酸素医療技術学会を開催しました。ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます
2016年9月
9月9日(救急の日)に平成28年度救急功労者表彰式が行われ、山口教授が総務大臣表彰を受賞しました。
2017年4月
新入局員1名、帰局者2名を迎えました。
2017年度版スタッフ紹介を新体制に更新しました
2017年5月
「近年の業績」をアップしました

ご注意 
このホームページは医療従事者向けであり、患者様向けには作られておりませんので何卒ご了承下さい。
当教室では患者様からの直接のメール・電話・FAX等での医療相談は受け付けておりません。
当ホームページ内のすべての文章・画像の引用・転載・持ち出しはご遠慮ください。

バナースペース

杏林大学医学部救急医学教室

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2

TEL 0422-47-5511(代)
FAX 0422-42-4866

医局員専用