本文へスキップ

Trauma and Critical care Center, Kyorin University Hospital

杏林大学医学部救急医学教室

〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2

臨床研究について

①「熱傷創のジタル写真画像を用いた面積及び深達度評
価手法の検討・検証と診療支援ツールの開発研究

 杏林大学学部救学教室では、以下の臨床研究を慶慮義塾大学理工学部物理情報工学科信号・像処理研究室と共同で行っています。

本研究は、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行いま

このような研究では、対象となる患者さん一人お一人に接ご説明しご意を得ることが難しく、厚生労働省人を対象とする医学系研究に関する倫」の定で、研究内容の情報を公開することが必要とされております。

この研究に関する問い合わせなどがありましたら、下の問い合わせ先」へ会ください

 研究課題名】
熱傷創のジタル写真画像を用いた面積及び深達度評価手法の検討・検証と診療支援ツールの開発研究
 研究意義・
 熱傷治療に受傷した熱傷の積と深さからなる重症度評価が重要な報で一般的に、受傷した面積が広く、深さが 深いほど予後が悪くなることが知られています。そのため治療方針や、への転院搬送の基準において、これらを基にした推事項が多数存在します。しかしながら、これらの評価は科学技術が進んだ現在でも目測が主体です。そのため、専門家と非家の間で、評価に10%もの差が生じると報告されていま。これでは治療の成否に大きな影響がでてしましねません。そこで、多くの専門家を抱えて高度な熱傷治療を提供している当教室と、医用工学の専門家である慮義塾大学理工部物理情報学科信号・像処理研室の共研究により傷のジタル像を用いた研究・開発を行いま像解析技術の検討・に加えて、最終的には、重症度に応じて適切な情報を提供する診療支援ツールの開発を目指しています。
【研究の方法】
研究対象の患者さんは以下の通りです。

本研究の対象とする症例は、平成283月までに撮影された熱傷の患者さんの体表面写真30症例です。未成年者や、個人が特定されやすい顔面の写真は用いません。像の解析にあせて利する診療情は、年齢性別体重受傷機転、傷部位、熱傷の面積や深さと重症度指標、受傷後から写真が撮影された日までの日数、手術の有無と位にな

 個人報の取り扱い】
利用する情報はお名前ご住所など、患者さんを直接定できる個人情報を削除されま。また研究成果は学操会や学術雑誌等で発表されますが、その際も者さんを特定できる個人情報は利用しません。
研究

倫理審査委員会認後から西2018331
【研究への参加を希望されない場合】
当救医学教室で熱傷の治療を受けられた者さんで、本研究への加を希望されない方は、下記の研究責任者守永広征まで連絡ください。申し出のあった患者さんにする医療報の登録を中止し、速やかに削除します。

【本研究に関する問い合わせ先】

杏林大救急医学室

研究責任者    守永 広征

181-8611東京都三新川6-20-2

Tel0422-47-5511(内線7245)

E-mail:hirom99ks.kyorin-u.ac.jp           (●をアットマークに変換してださい)


②「日本外傷データバンクへの外傷患者登録と登録データを用いた臨床研究」の参加について

 外傷は若年者の死因の第1位、2位を占め、社会的に大きな健康問題となっています。外傷の診療の質を評価し、向上させることは国益を鑑みても重要なことです。外傷診療の質を向上させるには、外傷患者に関わるデータを蓄積・解析することで臨床現場にフィードバックすることが必要です。当教室ではこのため、日本外傷データバンクに参加申し込みをしています。詳しくは、以下の文章をご参照ください

「日本外傷データバンクへの外傷患者登録と登録データを用いた臨床研究」

1.研究の対象
本研究の対象となるのは、全国の救急医療施設を受診され、重症外傷を有する患者様です。個人を特定できる情報を除外した形で患者情報・データを登録します。登録はインターネットを用いた入力により行います。
研究期間:201710 5 日~2020331
2.研究目的・方法
外傷は子供や若年層の死因の第1位、2位を占め、社会的損失の大きい健康問題です。外傷の診療の質を評価し、向上させることは外傷による死亡率を低下させるために重要なことです。本研究では、外傷診療にかかわるデータを全国の医療施設(主に救命救急センター)から収集し、各医療施設の診療の質評価や、診療行為の効果を評価するための分析を行います。。施設ごとのデータを全国データと比較することにより、各施設の診療の現状を評価することが可能になり、診療の質向上に寄与することができます。さらに、集積されたデータを分析することにより、診療行為の効果や診断の精度を評価し、外傷診療システム全体の向上に寄与することが期待できます。

3.研究に用いる試料・情報の種類
全国の救急医療施設を受診し、重症外傷を有する症例を匿名化して、受傷原因、重症時のバイタル、病院での処置や治療、入院日数、死亡の有無などのデータをインターネットを用いた入力により登録し、施設ごとのデータを比較・分析することする。
4.お問い合わせ先
 本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

   照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:

  181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2 
研究責任者 杏林大学医学部救急医学 助教(任期助教制) 守永広征
TEL : 0422-47-5511 (代表)


バナースペース

杏林大学医学部救急医学教室

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2

TEL 0422-47-5511(代)
FAX 0422-42-4866